カテゴリー
未分類

コロナ&インフル「同時流行を最大限警戒、今冬に備えを」 感染症学会が提言

        コロナ&インフル「同時流行を最大限警戒、今冬に備えを」 感染症学会が提言日本感染症学会(舘田一博理事長)は、今冬に新型コロナウイルス感染症とインフルエンザが
       同時に流行した場合に備えて、発熱やせきなどの症状のみでインフルエンザと診断すると、症状の似ている新型コロナ患者を見逃す可能性があるため、新型コロナの流行地域では
       これらの症状のある患者全員に両方の検査を行うことが望ましいとした。

        新型コロナの感染拡大は落ち着くこともなく、次にインフルエンザが流行する時期に入ります。新型コロナとインフルエンザどちらも感染力が高く侮ることはできません。
       ウィルスと共存していくには治療法やワクチンの開発ももちろんですが、常日頃の予防をしていかないといけません。

       コロナ&インフル「同時流行を最大限警戒、今冬に備えを」 感染症学会が提言