カテゴリー
未分類

衣服・カバン・靴にカビが生えたときの対処法

衣服やカバン・靴にカビが生えた時にドラッグストアに行っても
「衣服用・カバン用・靴用カビ取り剤」は売っていません。捨てるしかないと思う方もいるかもしれませんが
カビが生えた時の対処方法とカビを生えさせない方法をお伝えします。

1.カビを生えさせない方法

カビを生えさせないために一番重要なのは、予防する事です。

では、カビを予防するために大切なポイントを挙げていきたいと思います。

①湿度管理

カビの中にはコウジカビなどのようにある程度の乾燥状態を好む種類もあり、湿度65%ほどでも生える場合があります。
しかし湿度をさらにこれより下げて55%以下にすると、乾燥状態を好む種類のカビでも発生する事が難しくなります。

カビ予防のためには、湿度管理がとても重要なのです。

②除湿剤を使う

衣服・カバン・靴などは、収納場所に除湿剤を入れ湿気を取る。
財布などの小物は、乾燥材と一緒にジップロックに入れ密封。除湿剤はこまめに替えましょう。

③掃除をする

収納場所をカビにとって喜ばしい状態(ほこりまみれなど)にしない。
適度な掃除をしてカビが生えない環境に改善する。
知識があれば再発のリスクが抑え、カビが生えないようにする事が可能です。

2.カビが生えた時の対処法

2-1.衣服・カバン・靴に何故カビが生えるのか?

衣服・カバン・靴の素材には、動物の革や毛が使われている物があります。
それらは有機物でできているのでカビのエサです。

また人間の皮脂や汗がそのものに染み込み、これが「カビ」に対して栄養補給をしているのです。
タンス内は埃と高湿度な状態ですので、カビが生える原因です。

常に使っている場合は、カビが発生し定着する暇がありませんが、
一度タンスの中にしまって2~3ヶ月経つと、白い斑点やふわふわした毛玉のようなカビが出たことはありませんか?
環境が最適でエサが豊富にあったら、カビが生えるのは当たり前です。

そのため、大切な衣服やカバン・靴を収納する際には汚れを取り除いたり収納庫の湿度管理を行うなどカビが生えないような環境づくりが重要となります。

2-2.衣服・カバン・靴にカビが生えてしまった場合のカビ取りの方法

■簡単なカビの場合

酸素系漂白剤(ワイドハイターなど)やアルコールを使用。キッチンペーパーや綿棒に薬剤を含ませ、カビの部分に丁寧に染み込ませて取っていく。

■根が深いカビの場合

塩素系漂白剤(ハイターなど)を使用し漂白。ナイロンや合成繊維で白い服使うことができますが、
染められた白色と脱色された白色は必ずしも同じ色にはならないため、使用する際は目立たないところでテストしながら気を付けてお使いください。

※それぞれ裏の説明書をよく読んでお使いください。
※酸素系漂泊剤を用いた後に塩素系漂白剤の使用は大変危険です。絶対にやめましょう

市販のハイターを使ってカビ取りをする際には、換気をしっかりと行いましょう。

2-3.衣服・カバン・靴にカビが発生した場合は収納場所はどうなっているのか

衣服・カバン・靴にカビが生えたということは収納している
「タンス」「クローゼット」「下駄箱」などの内部にもカビが移り、さらに衣類や小物にも感染している可能性が高いです。

カビが目に見えていない状態でも「カビ臭さを感じる」時点で、カビの胞子が既に舞っているので要注意です。

カビが生えたと言うことは、そのカビにとって適した環境であり、
タネであり胞子がばら撒かれている状態。そのような環境では、カビが移らないわけがないと言っても良いでしょう。

対処法としては、塩素系漂白剤(ハイターなど)やアルカリ性洗剤(カビキラーなど)を使用
隅々まで拭き掃除をし、きちんと乾燥させてください。

目に見えてカビが生えなくても、カビ臭いような臭いが衣類に染み付く可能性がありますので、
衣類にカビが生えてしまったらクローゼットやタンスの内壁はしっかりと除菌しておいた方が良いでしょう。

(収納場所を空にし、洋服などを干して乾燥させます。予防のためにも定期的に行うことをおススメします)

2-4.カビを完全に除去したい場合はガスを使用するのが最適

革製品やスーツにカビが生えてしまい、自分ではどうしようも無くなった場合、
最終手段としてガスが効果的です。

ガスを使うとは、密閉したガス室にてガスを用いてカビを除去する方法で、
カビだけではなく細菌やダニなどすべてを完全に除去することが出来ます。

もともとは、医療器具等の滅菌に使われている技術ですので、
カビ対策にもとても効果的です。

適切な方法で処理をし梱包すれば、未開封の状態で数年保存する事が可能です。

・シーズンものの高価な服
・カバン
・靴
・着物
・礼服
・ウエディングドレス
などの大切なものをカビから守るのに最適です。

 

ガス除去は革製品に用いた場合、脱色や変色の可能性も薬剤による除カビに比べて極めて低く、カビのみを取り除けます。
使用しているガスは、カビの体を構成する成分を化学反応で変化させることにより、生命活動を阻害し除去します。

2-5.普通のクリーニングでは不十分なのか

ドライクリーニングなど、カビが苦手とする溶剤や洗剤を用いるクリーニングはありますが、素材によっては無理な場合もあります。
また、カビ菌は熱に弱い(60℃の熱で10分加熱すると菌の数が1/10
になる)ので、衣服などは乾燥機の熱でも除カビ効果はあります。しかしこれも素材を選びます。

クリーニング店に「対象のカビ対策をして欲しいと」相談し、一度実施してみるのも良いかもしれませんが、
普通のクリーニングでは、カビの専門知識を持っている店舗は少ないのが現状。

またカビを落としきる事ができず、再発する可能性もありますので注意してください。

ガス除去は、カビを始め細菌やダニも除去する、まだあまり知られていないサービスです。
リスクが少ないので高価な物や大切な物、長く使用しないものに適しています。クリーニングでカビの不安がある方はおススメします。

まとめ

「衣服・カバン・靴にカビが生えてしまったら捨てるしかない」

そんな事をよく耳にしますが、専門家に相談すればちゃんと対処法はあります。
安い物なら諦めも付きますが、高価なものや思い出の品は捨てたくありません。

そのために綺麗な状態に戻せる場合もあるので、ぜひカビの専門業者に相談してください。
困った時こそ、カビ対策の専門業者を頼ってください。