カテゴリー
未分類

再発率をグッと下げる浴室のカビ取り方法

浴室に入った際、臭いやカビに気付いてこのように思う事はありませんか?

・浴室がカビ臭い
・浴室に生えた黒カビが気になる
・浴室のカビ取りをした後に二度と生えさせないようにしたい

浴室に関するカビのお悩みを抱える方は非常に多く、実際のお問い合わせも多いです。しかし、早め早めの対策でカビの影響を最小限に抑える事が出来ます。

今回は浴室のカビ多発場所と”自宅”でできる「再発率をグッと下げる浴室のカビ取り法」を解説していきたいと思います。

1.「浴室にカビが生えやすい理由は??」

A=「カビの発生条件を全てクリアしているからです」

浴室は、常に湿気が非常に高いためカビが発生しやすいのです。

また、石鹸や皮脂汚れなどカビの栄養となる成分が豊富なため、少し油断するとすぐカビが生えてしまいます。
浴室の使い方によりますが、お風呂から上がった後すぐにお湯を抜かずに換気が不十分だと、浴室の湿気が引くならない為、急速にカビが増殖します。

浴室自体、カビの発生条件である

・栄養源
・水分(湿度)
・酸素
・温度

をクリアしており、その中でもさらにカビの好む湿度である為、普通のお部屋と比べても浴室はカビが発生しやすいのです。
つまり、湿気だけでなく、人の汗や石鹸カスなどの栄養素、気温など様々な条件が揃いやすい場所なので、カビが発生しやすいのです。

2.「浴室の中でも特にカビが生えやすい部分があるの?

A=「浴室の中でも”天井の四隅”にカビが発生しやすいです」

浴室の中でも最もカビが生えやすいのは、天井の四隅になります。
ここは、水も当たらない為胞子が定着して生えやすくなります。

浴室を見たときに、カビが生えていないようでも、カビの胞子が大量に放出されている可能性もあります。
カビ臭いは1種のサインですので、臭さを感じたら早めに除去する事をおススメします。

「カビは見えないのにお風呂がカビ臭い」場合

カビ胞子は基本下に落ちていくため、カビが生える好条件である暖房により浴室内が暖かくなった際に、
大量の胞子を出しカビの臭いとして感じたため、天井のカビを除去しただけで臭いが改善したものと考えられます。

浴室のカビが発生しやすいのが、掃除しにくく湿気が溜まりやすい”天井”
天井を徹底的にカビ除去して浴室全体のカビ繁殖を防ぐ事がポイント

3.「浴室の天井のカビ取り方法は?」

A=「市販のカビ取り剤で行います」

浴室のカビ取りは、市販の浴室用のカビ取り剤で行いますが薬剤が皮膚や服に付着する危険性が高い為、注意が必要になります。

※カビ取り時の注意点

除菌をする際は、ゴーグルとマスクを着用して目や口に薬剤が入らないようにしてください。
気を付けないと服に付着してしまうため、脱色しても良い服で作業を行なってください。背の低い方は、長柄のスポンジなどでカビ取り剤を塗布すると便利です。

市販のカビ取り剤の場合、基本的には洗い流すのを大原則ですので、
シャワーで洗い流すか水が落ちてくるのが嫌な場合は、スポンジで水拭きをすればいいと思います。

市販のカビ取り剤でも、刺激物ですので、しっかりと換気を行なった上で、マスクや手袋、ゴーグルをして保護した状態で行なって下さい。
また長時間の作業になった場合は途中で休憩を入れる等しましょう。

4.「浴室用の燻煙剤はカビに効果がある?」

A=「特に黒カビに効きますが、定期的に行う必要があります」

防カビ燻煙剤がなぜ防カビになるか簡単に説明すると、銀により弱いカビの胞子やカビの栄養となる菌を除去する為、
黒カビをある程度防ぐ事が出来るからです。

しかし、浴室の燻煙剤も過信は禁物

業者が使っているようなカビの成長を抑えるコーティングではない為、カビの胞子が成長する速度に合わせて、
再度コーティングをすると効果が持続します。

常に換気扇をつけ、1ヶ月に1度、徹底的にお掃除をされる方は、再コーティングは必要ないかもしれませんが、
できれば定期的に使用した方が効果が持続します。

5.「天井以外でカビの原因になりやすい箇所は?」

A=「浴槽のエプロンです」

天井以外でカビが酷くなるのは、エプロンになります。
エプロンは1年に1度、掃除するかしないかとそこまで意識して掃除しない箇所だと思います。
むしろ掃除したことが無い方が大半だと思います。

エプロン部分は、内部のカビが酷いことが多かったり、髪の毛や皮脂汚れなどが溜まっているケースが多くあります。

掃除をする際は、まず熱めのシャワーでカビ以外をしっかりと洗い流してください。
そのあとカビが出ている箇所を市販のカビ取り剤のスプレーをかけてしばらく放置してください。カビの色が無くなったらシャワーでしっかりと洗い流してください。

(その際にはヤケドしないように注意しましょう)

浴室のカビ取りは定期的に行いましょう。

カビは、日々のメンテナンスが非常に大切になります。お風呂上りにはお湯を直ぐに抜き、換気扇を常に回しましょう。
毎日のお風呂掃除に加え、月一度は浴室全体を徹底的に掃除しましょう。

もしカビを見つけたらすぐ市販のカビ取り剤で除菌すれば、殆ど時間もかからずきれいなお風呂場を維持する事が出来ます。

弊社はカビ取り業者ですが、こまめな清掃と換気、早期のカビ除去を行なっていたら、業者に頼らずとも自力で予防は可能だと考えます、
気づいた時点で早い時期にカビ除去をし、被害が大きくなる前に抑えましょう!

浴室はこまめに、熱湯でカビ消毒を行なったり、市販のカビ取り剤で除去する事によりカビの被害を最低限に抑えましょう。

・換気をしていない
・お湯を溜めっぱなしで、常に加湿器を回しているような状態
・お風呂掃除をしっかりしない
このような浴室はカビが生えやすいです。

皆さんのお家の浴室は大丈夫でしょうか。カビが胞子を放出して被害が大きくなる前に、環境も見直しましょう。
市販のカビ取り剤の臭いや強さが苦手な場合には、しっかりと乾燥し消毒用エタノールをふきかけて除去する方法や、重曹で除去するという方法もあります。

浴室のカビを防ぐ為に出来る3つのこと

普段からできるお風呂のカビ対策は以下の通りです。

①お風呂上りには石鹸カスや皮脂汚れを水で洗い流す。

水で洗い流すことで、湿度が下がるのとカビの栄養素を減らすことが出来るので、結果カビが発生しづらくなります。

②お風呂の湯は抜くか蓋をする。

蓋をすることで湯気が浴槽内に充満するのを防ぎます。

③換気を行なう(入浴中以外は常に回す)

全体が乾燥するまで一晩中換気を回しておくことをおススメします。10時間程度回しておくと良いと思います。

6.「浴室のカビをとっても直ぐに再発する場合は?」

A=「専門業者へご相談ください」

ご自身でカビ取りをされていて、お困りごとがありましたらお気軽にご相談ください。

自分だけでは限界だと思ったらなるべく早めに専門の業者に依頼する事をおススメします。

お掃除の専門家、リフォームの専門家など、それぞれのプロはいますがもしも「カビ」でお困りの際にはカビ専門の業者へご相談されることをおススメします。
理由はカビの専門家はカビの生態や除去方法を熟知しているため、再発を大幅に抑えることが出来るからです。結局カビが再発することになり、費用も2倍かかることになります。

なるべく、費用も期間も最小限に抑えるためにも、そのお悩みに関するプロに依頼する方がより近道だと思います。

カビの胞子が、お風呂から洗面所に回り、洗面所から廊下・玄関と放置しているとあっという間に家中にカビが発生してしまいます。
家中にカビが発生してしまい、家全体のリフォームに何十万もかかってしまう事もあります。手遅れになる前に一度、ご相談ください。